"断熱性能"や"耐震性能"も欲しいけど、資金計画もしっかりと!

9月に入り、だんだんと秋が深まってきましたね。
毎年11月に開催している"なとり秋まつり"も、今年はコロナウイルス感染防止の観点から中止だそうです。
イベントたくさんの秋ですが、今年は軒並み中止となり寂しい限りですね...。

寂しいだんだんと寒さ厳しくなっていくこの季節で、皆様が『家に望むこと』は何ですか??

「冬は暖かい家がいい!」「夏は涼しい家がいい!」と望むことは当然ですよね♪
これは"断熱性能"が深く影響します!
断熱材を使って、冬は外の寒さを遮って室内を暖かく保ち、夏は外の暑さを遮って室内を涼しく保ちます。

さらに、"断熱性能"だけではなく"耐震性能"もやっぱり欲しいですね。
地震が起きても「壊れない家」はもちろん、「住み続けられる家」を望むのも当然です。
頑丈なほどいいと誰もが望むと思うのですが・・・
しかし、耐震も断熱も、突き詰めるほど家の価格は高くなってしまいます。

いくら頑丈で快適な家に住めるようになったとしても、それによって住宅ローンの返済が厳しい、となってしまっては幸せな暮らしとは言えません。
大切なことは、「家の値段が多少高くなっても」断熱性能や耐震性能をどこまで上げたいか、しっかりと考えておくことではないでしょうか。

私たちファミリープラスホームは、
ご家族によって異なる本当の希望をお聞きして、本当に望む暮らしを確認しながら家づくりをしています!

断熱や耐震だけではありません。
どこまでの外観のカッコよさを望んでおられるか?
どこまでの設備のよさを望んでおられるか?

こだわるほど値段は高くなってしまいますので、資金計画を含めてトコトンまでお聞きしてご提案しなければ、後々になって「ああすればよかった...」と悔やんでしまうこともあるかもしれません。
後悔のないマイホーム計画のために、お気軽にご相談にいらしてくださいね!

2020.9.20

お部屋ごとの「収納アイデア」♪

憧れもマイホームも、実際に暮らし始めてみると「こうしておけばよかった」と思うことが少なからずあるものです。
中でも、悩みを持つ人が多いのが"収納"なんです!!!

将来、物が増えることを考えて、各お部屋の収納スペースは多めに確保すると安心ですよ。

後悔しないために!
各お部屋ごとの「収納アイデア」をご紹介します♪

○_DSC1996.jpg

リビングルーム
 ⇒インテリアにも気を配った収納がオススメ!

家族が集まるリビングは、物が散らかりやすい場所ですね。
多くの収納を確保しつつ、スッキリとした印象に仕上げるためには、壁の厚みを生かした「壁厚収納」がオススメ。

壁厚収納とは、壁の厚みを生かした収納です。
壁の中にスッポリと収まり、室内に飛び出さないので見た目もスタイリッシュに仕上がります。」

"物をしまう"だけではなく"オシャレに見せる"という収納テクニックで、洗練された空間になりますよ!

キッチン
 ⇒使い勝手のよい「パントリー」がオススメ!

1畳程度のスペースでも、お米や野菜、災害用の備品などを収納できる「パントリー」があると便利です。
また、床下収納を活用すれば場所を取らずにスッキリと片付けることができます。
食器や調理器具の収納は、普段お料理をする動線を考慮して収納するとGOOD!

トイレ
 ⇒掃除のしやすさも、考慮してみて!

限られたスペースだからこそ、何をどこに置いておくのか、建築前にしっかりと決めておくことが大切です。
壁厚収納や奥行きを利用した収納棚などを設け、きちんと片付けておくことで掃除もしやすくなりますよ!

洗面所
 ⇒ゆとりある収納で快適な動線を確保しましょう

朝の忙しい時間帯には込み合ってしまうこともあるのが洗面所。
物の取り出しやすさや動線を考慮し、十分な収納を備えながらも広めのスペースを確保しておきたいものですね。
また、棚や扉には湿気に強い素材を選ぶことも重要です!

階段下スペース
 ⇒デッドスペースを有効活用しよう!

見た目以上に収納力のある階段下スペース。
一方で、奥行きが深くなると物が取り出しにくくなる場合もあるので、2方向から使えるようにするなどの工夫をしましょう。
風通しがよくないことも多いので、こまめな換気も必要です。

ロフト・屋根裏
 ⇒多目的に使える魅力的なスペース!

収納だけでなく、多目的スペースとして使うことのできるのがロフト。
ただし、天井が低く、移動にはしごが必要なため、安全性に十分配慮することが必要です。
夏場は高温多湿になるので、換気などにも注意しましょう。

寝室
 ⇒機能的な収納で落ち着いた空間に

寝室は一日の疲れを癒す場所。
そのため、"眠る場所"と"衣類などをしまう場所"とキッチリと分けることが必要です。
ウォークインクローゼットのほか、動線に配慮しながら押入れやクローゼットといった収納を使い分けるといいですね。

和室
 ⇒和室の魅力を最大限に活かして!

最近はクローゼットを備えた和室も増えていますが、収納力を考えれば押入れもオススメ。
布団はもちろん、来客時にも物をサッとしまうことが可能です。
小上がりの和室であれば、段差を利用した収納を作るのがオススメです!

...お部屋別の収納アイデアをまとめてみました♪
ぜひお部屋づくりの参考にしてみてくださいね!

2020.9.14

後悔しないための「収納」のポイント

念願かなってようやく手に入れたマイホーム。
しかし実際に暮らし始めてみると「こうしておけばよかった」と思うことが少なからずあるものです。

中でも、悩みを持つ人が多いのが"収納"なんです!!!

そこで、家を建ててからも後悔しないための収納のポイントをご紹介します♪


①家族のライフプランに合わせた間取りと収納を考えましょう♪

家族構成の変化や時間の経過とともに家の中には"物"が増えていきます。
時には断捨離も必要ですが、思い出の詰まった大切なものはずっとのこしておきたいですよね。
とはいえ、しっかりとした収納スペースがないと思い出をしまっておけないばかりか、生活に支障が出てしまうことも考えられます。

スッキリと片付けておくためには、家族の成長やライフステージの変化などを考慮し、あらかじめプランを練っておくことが重要です。

ただし、スペースさえ確保すれば使い勝手のよい収納になるというわけではありません。
生活導線や物の使用頻度などに合わせて、必要な場所に最適な大きさの収納を配置していくことがポイントです!


②ユーティリティースペースとしての「玄関収納」を活用しましょう♪

玄関はその家の顔ともいえる場所です。
スッキリと片付いた玄関は、お客様にもすがすがしい印象を与えます。
その一方で、玄関には靴や傘だけでなく、ベビーカーやゴルフバッグなど、用途も大きさも異なるものを収納しておかなくてはなりません。

そこで最近では、玄関脇に「シューズクローク」をはじめとしたゆとりのある収納スペースを設ける家庭も増えています!

玄関脇収納のメリットは、

・お客様の視線を遮ることができる!
・外出時に必要なモノをすぐに取り出すことができる!
・汚れた靴や衣類などを家の中に持ち込まずに片付けることもOK!
・小物類(家のカギ、車のカギなど)もサッと取り出せるような場所を付けておくと、より便利♪

こんなにもたくさんのメリットがあります!
家の間取りを考える際に、ぜひオススメの収納スペースです!

2020.9.14

"経験がない、失敗できない買い物・・・"って?!

マイホームは一生に一度の買い物だ!と、よく言われますね。

何度も家を買う家族はなかなかいませんものね。そして、一生に一番高い買い物でもありますね。
さらに、注文住宅で建てるのなら自分の家を見ることなく購入することになります。

だからこそ、マイホームを持つことで周りの人から「すごいね」「立派だね」と褒められるのでしょう。
子供の間でも、自分の部屋があることを幼稚園や学校で「いいなぁ」と言われて、子供は誇らしい気持ちになります。

夢がふくらむマイホームですが・・・
経験したことがない上に失敗できないからこそ、いろいろと考えてしまうこともあるはず。

自分で考えれば考えるほどどうしたら良いのか分からなくなってしまい、不安になるものです。
経験したことがないから何が正解か、分からなくなってしまいますよね。

「家は、自分たちそのもの!」

欧米では、家はあなたにとって何ですか?という質問に、このように答える人が最も多いそうです。
家の中も庭も、個性で溢れ、家族の好きなものでいっぱい、趣味や興味も全部わかってしまうほど「自分たちそのもの」が表れるものですね(^^)

正解がなく失敗ができない買い物で不安になってしまうからこそ、私たちプロがお手伝いしながら、将来をしっかりとイメージして家づくりを前進させて欲しいと願っております。
家という「建物」ではなく「自分たちそのもの」を手に入れられるようお手伝い致します!

2020.8.22
                  

「メーターモジュール」と「尺モジュール」

e494286e12b6c63c39dd41db28222f23_s.jpg
住宅会社に家づくりの話を聞きに行くと、
「メーターモジュール」「尺モジュール」という
言葉が出てくることがあります。

「メーターモジュール」とは、家を建てる時に、
1つの区切りを1m(1000mm)にしている、
1グリッドを1m×1mとしている規格のことです。

これに対して

「尺モジュール」とは、
1つの区切りを日本古来の尺貫法という測り方である、
3尺(910mm)を1つの区切りとしている、
1グリッドが910mm×910mmの規格のことです。

ちなみに、日本人の平均的な肩幅は
1尺5寸(45.5cm)と言われていて、
廊下で人がすれ違う場合には二人分の3尺(91cm)が必要です。

このため畳の短い方の1辺はこの長さ(3尺)が基準となっています。
長い方の1辺は、畳を組み合わせやすくするため、
倍の6尺(182cm)が基準となっています。

人の体のサイズと畳のサイズを比較してみると、
人が座るのに必要なサイズが半畳、寝転がるのに必要なサイズが1畳、
両手足を広げて寝転がるのに必要なサイズが2畳、
つまり1坪となります。


メーターモジュールのメリットは、"大きく建築できる"ということです!

・メーターモジュールの1グリッド「1m×1m」
・尺モジュールの1グリッド「910mm×910mm」

なので、
メーターモジュールのほうが基本単位が大きくなり、
広々とした室内を作ることができます!

一方、
狭小住宅などでは、尺モジュールで設計したほうが細かくできたり、
尺モジュールのほうが畳やふすまのサイズがピッタリ合うなどメリットもあります。

お客様のプランに合わせてプランニング致しますので、
どうぞお気軽にご相談くださいませ♪

2020.7.4

壁にボルダリング!梁にうんていを付ける!注文住宅はこんなこともできちゃいます!

新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るっています。

宮城県では6月から学校も再開し、感染者ゼロが続いていますが、
まだまだ油断できません。

外出自粛、自宅待機。

ニュースでは毎日"ステイホーム!"と報道され、

「1番安全な場所は家なんだ。」
「家族を守れる場所は我が家なんだ。」

と痛感しています。

学校が休校になった子供たちは約3か月間、
外に出ることを控えて自宅で過ごす生活をすることとなりました。

普段からスマホの無料コンテンツに囲まれ、
自分で検索して見つけていくことに慣れている世代だけあって

商業施設や遊園地など、外へ出かけられなくても、
時間をうまく使っている子供たちが多かったように思います。

そんな中、子供たちがもっと
家にいるのが快適になるような
<注文住宅でできること>について考えてみました。


「おうちにこんな楽しいものがあったら......♡」

大人もこどもも、家族みーんなが楽しく暮らせるおうちのアイデア♪
ご紹介致します!

2383644_s.jpg

①【壁にボルダリングを付ける】!!

おうちでスポーツクライミングができちゃう!

東京オリンピックから新競技として
「スポーツクライミング」が加わりましたね。

ボルダリングはスポーツクライミングの中の一つの種目で
ここ数年、どんどんポピュラーになりました。

コートやゴールなど道具をいらず、
気軽に楽しめるスポーツの1つです。

コースは徐々にカスタマイズしていくことも可能です。


②【梁にうんていを付ける】!!

梁(はり)とは、
柱の上に垂直に乗っている、床や屋根を支える部材のことです。
そこに、ぶら下がることができる"うんてい"があったら...?

考えるだけで楽しそうですね!!

「受動握力」ってご存知ですか?
握ったものを離さない力のことで、
能力の高いアスリートは
この「受動握力」が高いのだそうです。

うんていはこの受動握力を鍛えるのに優れており、
プロとして活躍しているスポーツ選手の中には
うんていを使って幼少期から受動握力を鍛えていた
という話もあるくらいです。

ぶら下がることで背骨もまっすぐに。
お子様が日ごろから遊ぶには
最適なアスレチックの1つです。


③【梁にハンモックをぶら下げる】!!

梁にハンモックをぶら下げることだってできます!

木に布をぶら下げて、そこに包み込まれるように横になって、
ゆらゆらとリラックス~~~

なんていかがでしょうか?

今、話題のエアリアルヨガ(空中ヨガ)だってできちゃいそうですね!

④【壁にお絵かきスペース】!!

黒板やホワイトボードなど書いても消せる壁紙が様々あります。
一部の壁をお絵かきスペースにしてみるのはいかがでしょうか。
画用紙を飛び出して、思いっきり描けば
考える力・豊かな発想にいい刺激を与えてくれます。


⑤【地下室にホームシアター】!!

近年続々と、映画やテレビ番組が定額制で楽しめるようになりました。
画面の大きさや画質、スピーカーの音質を少しこだわったり、
家族がくつろげるソファを置くだけで、立派なホームシアターの完成です。

あらかじめ、スクリーンを設置したり、
防音効果のある壁やドアを取り付けたり、
遮光性の高い地下室をつくることだって注文住宅なら可能です!


配線を繋げば、いつものYouTubeやゲームも大迫力で楽しめます。
防音効果が高ければ、楽器の演奏室にも向いていますよね。
お部屋の可能性はどんどん広がります。


今回、紹介したものは、DIYが流行っていることもあり、
ご自身で取り付けることができるものもあります。

安全面など、心配なことがございましたら
ぜひ弊社へご相談くださいね。

あらかじめ、プランの中に組み込むことも可能です。

プロの目線と自慢の腕で
ご家族皆様が安全で快適になるご提案をご提供をいたします!!

2020.6.17

快適な家づくりのために、優先順位をつけましょう

新型コロナウイルスが蔓延していますね。

感染者や死者が増え、全国各地に広まっています。一刻も早く終息することを願うばかりです。
うがいや手洗い、アルコール除菌などしっかりして気を付けていきましょうね。

今のような社会の動きをみると、自宅で働くテレワークが導入され、お子様が通う学校が休校になることで、家で過ごす時間が多くなったという方もいらっしゃるのでは?
さらに、働き方改革が進むことで週休3日制になったとしたら・・・

お給料(=使えるお金)は変わらないのに休みが増える。⇒ 家で過ごす時間がさらに多くなる。こんな構図になりますよね。

となると、これからマイホームづくりをするご家族にとっては、快適な家づくりをすることが大切になってきますね!

家で過ごす時間が快適になるような心地よい住まいとして、

・夏は涼しくて冬は暖かい
・電気をつけなくても日差しがあって明るい
・広々としたリビング
・趣味のものを置いたり趣味に没頭できるスペース
・隣家や隣接する道路からの目線が気にならない etc

このような居心地のよい家づくりをするために大切なことは・・・?

快適な家づくりにおいて大切なこと。
もちろん、収納や家事動線を考えながら無駄なスペースがないプランにすることも大切なのですが、それだけではなく、前回にお話したように日当たり、夏は涼しくて冬は暖かい室内、趣味に没頭できるスペースなどの中で"どれを重要視したいか優先順位をつけておくこと"も大切です!

まずは家族で話し合って、その結果を要望としてぶつけてみて、出てきたプランを検討していく、のようにマイホームづくりで何をこだわりたいかが決まっていると、スムーズに進むことが多いように思います。

2020.4.1

ワンランク上の家を建てるコツ

ワンランク上の家を建てるコツ■ 家を建てるときに、どこに頼んでいいかわからない。
■ ハウスメーカーの営業マンに口説かれ、契約しようと思っている。
■ 大規模なリフォームを計画していて、高額の見積もりで驚いた。

ちょっと待ってください!

多くの住宅会社が差別化を図ろうと、色々な提案をしています。しかし、そのほとんどは耳慣れないものばかりで、家づくりをする人にとってわかりやすいものではありません。

「○○工法だからいい家だ」「大手ハウスメーカーは安心で小さな工務店で大丈夫ですか?」という営業マンのセールストークを信じ、契約書に印を押す前に、私たちの建てる家をご覧下さい。

私たちは「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」ということをコンセプトに、家づくりをしています。しかも、基礎や構造など完成してしまうと見えなくなるところまで、強いこだわりを持って家づくりに励んでいるのです。

なぜ、同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか?

家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費家づくりの金額の多くは、建材や職人さんに支払われる人件費なのです。しかし、大手ハウスメーカーではテレビCMや住宅展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まで、あなたの家の価格に乗っているのです。

私たちはお客様への負担を最大限まで抑えるために、お金のかかる広告や、展示場を持たず同じ予算ならワンランク上の家を提供できるように知恵と工夫で企業努力をしているのです。

また、当社では建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、「同じメーカーの同じ品番の製品を買うなら他社よりも安く仕入れる勉強」もしています。これは、東証一部上場の株式会社ナックさんの協力を得て、全国8000社の工務店ネットワークで情報を集め、どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているのか知ることで、仕入れ価格を抑える努力をしているからできることなのです。

一般的なハウスメーカーや工務店ではできない、独自の仕入れ価格削減の方法なのです。

また、大工さんや職人さんの人件費も、現場作業での無駄をなくすことで、コストダウンを図っています。これは「地域の見積もりと同じ価格で、もっといい家を建てたい」という、当社の社長の考えに、メーカーさん・協力業者さん・職人さん一同が賛同していただいたからこそできることなのです。

まずは、他社の家を見てから来てください!

お客様の建てたい家お客様の建てたい家はどんな家なのでしょうか?

家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

家づくりは家さえ建てばよいということではありません。

ワンランク上の家を建るだけではなく、家だけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わる全てのことを、私たちは総合的にご提案しています。

多くのハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。

その後で、最後に私たちの見学会に参加していただければ、なぜ当社がワンランク上の家を建てれるのかがわかるでしょう。

イベントのご案内はこちら

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

オンライン相談会

オンライン相談会

メニュー